スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアリーグ観戦紀行2010-11/07 第3日目【リパプール】

■マンチェスターを後に
マンU戦観戦後、ホテルで一休み、のつもりが起きたら、朝。
しまった、、、マンU勝利の祝杯をあげるつもりだったのに
時差のせいで、4:00すぎには起きてしまった。

もう寝れないのでムリに起きて、散歩に出かけた。

カプチーノを一杯。

ホテルに戻り、モーニングを食べ、マンチェスターを後にし、いざ、リバプールへ。
車中は、大混雑。約1hでリバプールへ。


■リバプールへ
今晩はロンドンSTAY。
ついては、駅で荷物を預け、身軽に。
目の前にあったバーガーキングに入ってしまった。
そして、駅近くのパブで、ギネスを一杯。
ギネスが普通にあるこの国。なんて幸せなんだろう。

リバプール・ライムストリート駅
er_DSC_5894.jpg

駅付近を散策。
St.Georges Hall
r_DSC_5902.jpg
Radio City Tower
er_DSC_5914.jpg


■アンフィールド (Anfield)
早々にアンフィールドを目指すことにする。
ライムストリート駅近くのクイーン・スクエア・バスステーションに行くと、
スタジアム行き特別便が出ている。
15分程度だろうか。到着!

収容人数は45,362人。
なお、これ以上の拡張はできないため、リヴァプールFCは2012年までにアンフィールド・スタジアムから
スタンリー・パーク・スタジアム(The New Anfield)に移転することが決定されている。

スタジアム正面
er_DSC_5923.jpg

スタジアム付近を散策。
ヒルズボロの悲劇の祈念碑を見て、
MEGA STOREでお買い物。


■リヴァプール vs チェルシー
この時点でリヴァプールは下位に低迷するものの、
プレミアリーグを代表する2チームによる、サッカーファンの皆さんなら羨望のBIG MATCH。

サイド側かなり前列ですごくいい席だ。
er_DSC_5977.jpg
盛り上がりを見せる
er_DSC_5989_20110501145303.jpg
er_DSC_6024_20110501135259.jpg
er_DSC_6009_20110501135055.jpg

練習中のF・トーレス#9 この日、2得点の活躍!
er_DSC_6019_20110501135054.jpg

選手入場!
er_DSC_6054.jpg
er_DSC_6059.jpg
er_DSC_6068.jpg

試合前最後のウォーミングアップ 
er_DSC_6086.jpg

気合いを入れ合うチェルシーイレブン
er_DSC_6096.jpg

FK前のつばぜり合い
er_DSC_6138.jpg
ジェラード#8がヘッドでクリアー
er_DSC_6146.jpg
アネルカ#9
er_DSC_6154.jpg

ジェラード#8
er_DSC_6186.jpg
er_DSC_6251.jpg
er_DSC_6276.jpg
er_DSC_6284.jpg

抗議するテリー#26
er_DSC_6290.jpg

悩めるエース、F・トーレスが2得点により、リバプールがチェルシーを撃沈、快勝!
リバプールは、終始試合を優勢に進めていた。
チェルシーは後半エースドログバを投入するが不発。
ホームのリバプールの気合いが上まわったのか?
前半で2点差となったんためか、チェルシーの攻撃は淡白だった気もする。
チェルシーは痛い敗戦。
リバプールは上位浮上のきっかけとなるか?
er_DSC_6231_20110501143105.jpg

トーレス、リヴァプールを歓喜に導く!
7日、プレミアリーグ第11節のリヴァプール対チェルシーの一戦が行われた。

 首位のチェルシーをホームのアンフィールドに迎えたリヴァプールは、序盤から積極的にボールを回し、試合のペースを握ることに成功する。通常の4-2-3-1ではなく、ディルク・カイトとフェルナンド・トーレスの2トップシステムを採用したことも功を奏し、チームがうまく循環した。

 そして11分、カイトの絶妙なアーリークロスを受けたトーレスが冷静に流し込み、リヴァプールが先制する。さらに、その後も試合を支配し続けたリヴァプールは前半終了間際にもトーレスが右サイドから素晴らしいシュートを突き刺し、2-0で前半を終える。

 後半、リードを奪われたチェルシーはディディエ・ドログバを投入し、反撃に出る。リヴァプールは2点差をつけていたため、無理に攻めに出ようとする姿勢がなかった。このため、チェルシーがリヴァプール陣内に攻め込む時間帯が続いた。

 しかし、リヴァプールはジェイミー・キャラガーを中心とした守備陣が奮闘し、チェルシーにゴールを与えず。決定機を作られても最後のところで踏ん張りを見せた。

 そしてこのまま試合は終了し、2-0でリヴァプールが金星を挙げている。一方のチェルシーは今シーズン、3度目の無得点で2敗目を喫した。「サッカーキング」より引用 http://www.soccer-king.jp/news/england/article/id=5820


試合が終われば日は暮れた。
市内に戻れるか心配だったが、バス誘導している従業員に教えてもらった。
バスはトロトロ運転だったが、1時間もせず、市内へ。

リバプールといえば、
ビートルズ、トレンドスポット「アルバート・ドッグ」などを周りたかったが、
今回はフットボール観戦のみ。
また来よう。

電車の時間まで、駅近くのパブでギネスを飲みながら、カレーを食す。
er_DSC_6350.jpg

VIRGIN TRAINSで、
20:48 liverpool lime street発 ⇒ 23:57 london euston着
車内はこんな感じ。
er_DSC_6377.jpg

ホテルの地図を間違えたおかげで深夜、寒い中、スーツケースを転がしながら、迷ってしまった。
警察の方に助けを求め、案内してもらい、ようやくチェックインしたのだった・・・
今後の教訓としては、土地勘のないところに深夜着は避けた方がいい



スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。