HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>南米紀行2010

南米紀行 2010-04/24 第4日目【ギアナ高地・カナイマ~プエルタオルダス~カラカス】

■のんびりした朝
小鳥のさえずり、そしてウサギも迷い込む、さわやかな朝。
日本出発前から含め、久しぶりにのんびりした朝。
eDSC_7022.jpg

朝食
ご紹介した、アレパがまた登場!
eDSC_7029.jpg

ツアーで一緒だったみんなとはお別れになるので、
記念写真とメアド交換を行う
(ところで、これは多くのトラベラーの恒例行事であろうが、どれだけ、そこからつながるのであろうか?
 今回はちゃんと連絡をとって、輪を広げていこう)


■再度、カナイマ湖畔
今日のメインイベントである、ギアナ高地周遊フライトへ!

牧歌的なカナイマ空港に向かい、そこでムンバが確認したところ、
我々のフライトは変更され、11:00⇒13:00に変更になったとのこと。
そして、その周遊フライトの後、そのまま プエルタオルダスに戻ると。
なんだかよくわからないが、そういうことなら仕方ない。

ランチまで自由時間ということになり、
空港で土産物を見て、
DSC_7087 (2)

また、カナイマ湖畔に向かう(徒歩数分)
DSC_7093.jpg
DSC_7102.jpg
DSC_7115.jpg

水遊びする子供たちと洗濯する主婦
DSC_7122.jpg

カナイマ湖と滝という絶景を望みながら、
昨日も訪れたオープンカフェに行き、
BEERで優雅に乾杯!


■カナイマの街並
ホテルまで束の間の散歩。
間もなくサヨナラかと思うと名残惜しい。
地元の感じをお伝えしたい。

建設中のホテル
IMG_0311_20100523010515.jpg
牧歌的な路
IMG_0313.jpg
IMG_0315.jpg
幼稚園
IMG_0317.jpg
集合住宅
IMG_0319.jpg
学校のグラウンド
IMG_0321.jpg
IMG_0320.jpg
通学帰りの学生
IMG_0330.jpg
学校(小学校?)
DSC_6974.jpg
昨日訪れたプールバー
IMG_0331.jpg
ホテルに続く路
IMG_0333.jpg
またスコールが!
雨宿りする少年たち
DSC_7135.jpg


■カナイマを後に
ムンバたちと最後のゴハン(ランチ)
IMG_0335.jpg
大ぶりのポークステーがGOOD!
コールスローは生物だったが、
みんな食べているのに残すのが失礼なので食べた。
A型肝炎リスクがあるが、免疫注射打ったから大丈夫だろう!

ホテルに立つアンテナ
DSC_7042.jpg
ホテル近くの電信柱
DSC_7051.jpg
ホテル前で、ちょっとカッコつけるT氏
DSC_7061 (2)

再度、空港へ
パトリックとT氏
DSC_7147.jpg
ムンバ
DSC_7143.jpg

空港到着
DSC_7151.jpg
「TOP GUN」風なT氏
DSC_7171.jpg


■ イマイチ、、、周遊フライト
さて、本日のメインイベント 
ギアナ高地周遊フライト!

イメージはこうだ!
「CANON EOS X PIXUS」X写真家 桃井和馬氏 の素晴らしいTVCFをどうぞ!



セスナ機は、バイロット、副パイロット、欧米系老夫婦、そして我々の6名。

が、結論的に、
我々の周遊フライトはイマイチだった(ゝ。∂)

原因は、
 ‐肝心の天候が悪い
 ‐窓が古く、よく見えない(席もすごく狭い)
 ‐フライトも、エンジェルフォールで旋回してくれた以外は、周遊というより、上空を回った程度
DSC_7179_20100523012633.jpg
雲に隠れたエンジェルフォール
DSC_7181.jpg
帰路、見えた川
DSC_7183.jpg

うーん、TBS『THE世界遺産』で復習しよう(⌒-⌒; )

周遊フライトの後、そのまま、プエルタオルダスに到着。
これが我々の搭乗したセスナ機
DSC_7186.jpg


■カラカスへ
トランジットのため、プエルタオルダス空港内カフェで、またBEER飲みながら、読書。
eIMG_0337.jpg

いよいよ、カラカスへリターン。

メッシがキャスティングされているカラカス空港内AD
eIMG_0356.jpg

初日と同じホテル。
カラカスで一泊2万はとても高いと思うが、ここは南米一の危険都市。
やむをえない。
空港では食事できるところがなかったため、ホテルで求める。
さすが高いだけに、プール付で、レストランもシャレオツである。
“Mr.バーガー”と、またも!BEERをオーダー。
エンジェルフォールからの無事の帰還を乾杯!
ハンバーガーは、ボリューミーであるが、味はso so。
DSC_7194.jpg

こうして、冒険心くすぐる“地球最後の秘境”ギアナ高地ツアーは無事終了(^O^☆♪


■ギアナ高地総括
“地球最後の秘境”
“天空の楽園”
とお伝えしてきた「ギアナ高地」

それは、
“地球がもたらした大自然のアトラクション”

人工的なアトラクションは「楽しい」だけ。
ギアナ高地のスケールの大きすぎるアトラクションは「喜怒哀楽」がある。
そして、この「喜怒哀楽」すべてが大満喫させてくれた☆☆\(^o^♪


【世界遺産】の中で、「BEST of 自然遺産」だと思う!!!

ムリして行ってよかった。

旅のプラン上、次回以降にする空気もあった。
 ‐カラカスが危険都市であること
 ‐アマゾン大紀行として、あらためて行く説
  (ギアナ高地から、そのままアマゾン川をブラジル・マラウスに行くのもいい)

しかし、自分的には、南米紀行における優先順位No.1がギアナ高地。
よって、ギアナ高地なくして、今回の紀行は存在しなかった。

譲れないものは譲ってはいけない。
迷ってる暇があれば、初志貫徹!である。


もし、「ギアナ高地」に興味のある方がいたら、
強く、リコメンドさせていただきたい\(^o^)/
eDSC_6350.jpg


>>最後になりますが、
今回、何から何まで、相談に乗っていただき、パッケージを組んでいただいた
サンケイトラベル(@カラカス)間塚さん、
誠にありがとうございました!
おかげさまで、大満喫できました!!




スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://dragonfireexpress.blog111.fc2.com/tb.php/21-ef53b8df

コメント

It's so cool !
男子にとっては、冒険魂に火をつける
魅惑的な場所やねぇ。
写真、堪能させてもらいました。
地球がもたらした大自然のアトラクション。
ナイスな表現。
Re: It's so cool !
読んでいただき、ありがとう!
そして、“カッコツケ表現”にご反応TKS!
「ギアナ高地」は、強くリコメンドしますよ!
現地INPUTがあまりに多く、週末に1日分だけのUPDATEで精一杯(^^;;
また、UPDATEしたら教えますんでよろしくお願いします♪

> 男子にとっては、冒険魂に火をつける
> 魅惑的な場所やねぇ。
> 写真、堪能させてもらいました。
> 地球がもたらした大自然のアトラクション。
> ナイスな表現。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。